Windowsで writer-app + VB-Audio Virtual Cableを使った完全自動文字起こしの方法

writer.app
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windowsでwriter.appを利用した自動文字起こし方法

こんにちは、エンジニアの五十川洋平(イソカワヨウヘイ)です。

昨日の記事の中で紹介したSoundflowerは、残念ながらWindowsでは利用できません。
でも当然Windowsユーザーの方も自動文字起こしをしたいですよね。

そこで今日は、昨日のMac編に引き続きWindowsでの文字起こし方法をご紹介します。

Macの方はこちら

writer.appとは?

writer.app

writer.appは、ポップコーンで開発しているライター・編集者向けの文字起こしWebアプリです。
音声ファイルをアップロードすると、再生速度を変更しながらの音源の再生やPCマイクから音声入力での文字入力ができる機能が備わっています。
詳しい使い方は、こちらの記事を合わせてご覧ください。

【Windows/Mac対応】書き起こし用の音声再生アプリ「writer.app」を作りました

このwriter.appを、次で説明する VB-Audio Virtual Cable というアプリケーションと組み合わせることで、自動文字起こしを実現します。

VB-Audio Virtual Cableとは?

VB−Audio Virtual Cable

VB-Audio Virtual Cableは、仮想オーディオデバイスと呼ばれるソフトで、音声の入力先と出力先を管理することができます。

VB-Audio Virtual Cable

Windowsの自動文字起こし準備は、はじめにこのアプリケーションをインストールします。

VB-Audio Virtual Cableのインストール方法

VB-Audio Virtual Cableのダウンロードリンク

まずはじめに、サイトトップページのダウンロードリンクからインストーラーをダウンロードします。

すると、「VBCABLE_Driver_Pack43.zip」がダウンロードされますので適当な場所で展開します。

VB-Audio Virtual Cableのインストーラー

展開されたフォルダを見ると「VBCABLE_Setup.exe」と「VBCABLE_Setup_x64.exe」があるはずです。
これがインストール用のファイルになります。
お使いのWindowsが32bit版の場合「VBCABLE_Setup.exe」を、64bit版の場合「VBCABLE_Setup_x64.exe」管理者として実行します。

VB-Audio Virtual Cableは管理者として実行してインストールする

※必ず管理者権限で実行する必要がありますので注意してください。ファイルを右クリックで選択できます。

VB-Audio Virtual Cableインストール画面

実行すると、インストール画面が立ち上がります。
右下の「Install Driver」をクリックして開始します。

VB-Audio Virtual Cable完了画面

完了ダイアログが表示されたらインストール完了です。
(場合によっては再起動になることもあります。)

VB-Audio Virtual Cableの設定方法

サウンド設定を開く

デスクトップ画面右下の音量設定アイコンを右クリックして、サウンド設定を開きます。

windowsのサウンド設定

  1. 入力デバイスに「CABLE Input(VB-Audio Virtual Cable)」を選択します。
  2. ボリュームは100に。
  3. 入力デバイスに「CABLE Output(VB-Audio Virtual Cable)」を選択します。

これで準備は完了です。

設定画面が上記と違う場合

古いバージョンのWindowsだと表示される画面が違う場合があります。

古いバージョンの場合のサウンド設定を開く

画面右下の音量設定アイコンを右クリックして、「再生デバイス」を選択します。

サウンド設定でCABLE Inputを選択

表示される設定画面で、再生デバイスを「CABLE Input」に選択します。

規定のデバイスとして設定

右クリックをして「規定のデバイスとして設定」を選択しておきます。

CABLE Outputを選択

次に、録音タブに切り替えて「CABLE Output」を選択します。

これで設定は完了です。

writer.appの設定方法

最後にChromeブラウザでwriter.appにアクセスし、以下の設定を行います。

writer.appnの設定方法

  • 音声ファイルをアップロード
  • 音声入力ONに
  • 音量設定を 100 に設定
  • 再生速度を 0.95x 程度に設定(任意)

※再生速度は、音声入力の感度に応じて後で調整してみてください。

そして最後に音声を再生すると、文字起こしが開始されます。

    さいごに

    ということで、今回はWindowsでの無料版文字起こし手順をご紹介しました。
    少しでもお役に立てれば嬉しいです。

    もし試してみて設定が面倒だなと思った方は、有料プランへの切り替えも検討してみてください。

    有料プランだと外部アプリケーションは一切不要で文字起こしできますし、複数のファイルを同時に文字起こしすることもできるので、効率性の重視や煩わしさを解消したい場合は有料プランへの変更をおすすめします。

    参考記事: ボタンを押すだけで文字起こしができる! writer-appの「自動文字起こし機能」の使いかた

    また今後も機能を追加していきますので、引き続きwriter.appをよろしくお願いいたします。

    【writer.appはこちら】 → https://writer-app.com
    【writer.app公式Twitterはこちら】 → @writerapp_com

    writer.app