writer-appの文字起こし精度を高める録音方法

writer.app
このエントリーをはてなブックマークに追加

writer-appの文字起こし精度を高める録音方法

こんにちは、エンジニアの五十川洋平です。

writer.appでうまく文字起こしがされないというお問い合わせをよく頂きます。

大体の場合がアップロードした音声データの録音品質が悪いことが原因で、文字起こしされないという状況が起こりがちです。

そこで今回は、文字起こし精度を高めるための録音ノウハウをご紹介します。

【その1】雑音の少ない静かな場所で録音する

雑音の少ない静かな場所で録音する

writer.appでの文字起こしは雑音対策に一番気をつけなければなりません。

どんなにいい機材を使っても、雑音が入っていては文字起こし精度は極端に下がってしまいます。
ですので、録音する場所はできるだけ静かな部屋で録音するのが望ましいです。

カフェや屋外などでは雑音がとても入りやすく、文字起こしがまったく違う結果になってしまうこともありますので充分ご注意ください。

【その2】マイクや専用のボイスレコーダーを使う

マイクやレコーダーを使用する

録音の際は、専用のボイスレコーダーやマイクを利用することでより高精細な録音が可能です。
キレイな音声データであればあるほど、精度は高くなる傾向にあります。

意外とiPhoneのボイスレコーダーアプリもかなり使えます。

マイクから直接文字起こしする場合は、ダイナミックマイクやコンデンサーマイクを利用すると非常に効果的です。
PC内蔵のマイクは精度が下がりやすいので利用は控えてください。

【その3】できるだけレコーダー・マイクに近づいて話す

できるだけ近づいて録音する

話す人がマイクから離れると、音量が小さくなるのでどうしても精度が下がってしまいます。
クリアな音声を録音するためにもできるだけマイクに近い位置で話しましょう。
そしてしっかりマイクに体を向けて話すとより効果的です。

【その4】レコーダー・マイクを動かさない

レコーダーやマイクを利用する際は、できるだけ動かさないようにしましょう。
レコーダーを持つだけでもガサガサとかなりの雑音が入ってしまうので、一度置き場所を決めたら録音中は一切動かさないことを徹底してください。

【その5】聞き取れるようにはっきり発音する

これは話す人の滑舌の問題なのですが、録音時は出来る限りはっきりしゃべることを意識してください。

人が聞き取りづらい言葉はシステム側も聞き取りづらいので、可能な範囲で取り組んでみましょう。

文字起こし結果は録音品質が命

ということで、全部で5つのポイントをご紹介しました。

  • できるだけ静かな場所で録音する
  • マイクや専用のボイスレコーダーを使う
  • 可能な限りレコーダー・マイクに近づいて話す
  • レコーダー・マイクを極力動かさないように
  • はっきりと発音する

文字起こしはやってみないと結果がわからないのですが、上記の点に気をつけるだけで精度が段違いに変わります。

録音が一番のキモと言っても過言ではありませんので、
今まで気にしていなかった方はぜひできることから試してみてください。

【writer.appはこちら】 → https://writer-app.com
【writer.app公式Twitter】 → @writerapp_com

writer.app